ラグビー部紹介

神戸市立工業高等専門学校


IMG_0331神戸市西区学園東町にある神戸市立工業高等専門学校(以下:神戸高専)は、1963年に設置された公立の高等専門学校(5年制)。
ラグビー部は全国高等専門学校ラグビーフットボール大会でも常に強豪校として活躍し、過去に9度の優勝を誇っている。
全国高等専門学校ラグビーフットボール大会は、近年「神戸」で連続開催されており、全国の高等専門学校ラグビー部は、常に「神戸」を目指している。ここでも神戸とラグビーは繋がっている。

神戸高専ラグビー部の練習は週5日制、練習時間は2時間と決めている。

 

 

 

小森田敏教授

小森田敏教授

―この理由を顧問の小森田敏(こもりたさとし)教授に伺った―

「課題とリポート作成に充てる時間が欲しいとの希望が学生からあり決めました。これくらいの時間がないとこなせない程、勉強も忙しい。しかし、この方が練習に集中できていいんです。」
理系の専門学校として「文武両道」を掲げるラグビー部は、苦労も逆手に取り、ラグビーに打ち込んでいる。

―小森田敏教授に2019年にワールドカップが神戸にやってくる事についても伺った―

「ラグビーをする子供達が減っている。神戸で世界最高峰の試合が見られる事で、ラグビーが注目され、プレイする子供達が増える事に繋がればいいですね。楽しみです。」

 

 

 
【使用】IMG_0344神戸高専ラグビー部の愛称は「WildBoars:ワイルドボア(いのしし)」 今後も「文武両道」で猪突猛進する神戸高専ラグビー部と、神戸で開催される全国高等専門学校ラグビー大会をぜひ応援したい。