ラグビーのルール
ラグビーしよう!神戸市内のラグビースクール・クラブ紹介
メッセージ

林敏之氏メッセージ

第1回ラグビーワールドカップでキャプテンをやらせてもらいました林です。

2015年、昨年のワールドカップイングランド大会において、日本代表は南アフリカを破りました。

そして3勝を挙げたという事で、今非常にラグビー盛り上がっています。

私もブライトンの南ア戦、見に行きましたが、後半に入って活躍する日本代表を、スタジアム中の人が応援してくれました。

「ジャパン!ジャパン!ジャパン!」ジャパンコールが起こる中で、あの最後のトライを決めてくれました。

そしてサモア戦、サモア戦、日本でですね2500万人がテレビを見てくれたという、今非常に盛り上がっているラグビーです。

 

ラグビーっていいますのは、やっぱり見えないものが非常に大事なスポーツじゃないかな、こういう風に思います。そのチームを作っていく中でのプロセスですね。そしてあのジャージを競い合う。

競いあって、そして選ばれた15人がプレーをすると、ラグビーというのは思いを託されて、託して託されるスポーツだと思うんですね。みんながどんな思いを託して、そこに出るあのプレイヤーが、それをどう感じて、どう感じてそれをプレーに出すか、そういうのがグラウンドに現れるんですね。

だから感動があるな、私はそのように思います。

 

この2019年にですね、このワールドカップが日本にやってきます。素晴らしい感動があるんじゃないかな。

神戸でも御崎公園球技場においてですね、試合がおこなわれます。

ぜひ、みんなでワールドカップを盛り上げたいなというふうに思います。

 

私もですね、愛したラグビー、素晴らしい体験を伝えたいなという事で、今、小学生のですねラグビー大会、ヒーローズカップというのをやっています。

2019年に夢なんですが、いろんなワールドカップに付帯した大会、ラグビーの試合が始まりました。国会議員ワールドカップがスタートしました。今年からワールドユニバーシティカップが始まりました。そしてアーミーの大会も始まりました。

ぜひ、日本初でですね、ワールドヒーローズカップをやりたいな、少年少女たちのラグビー大会をですね、ここをスタートで、始めたいなという夢を持っています。

 

ラグビーは「one for all , all for one」 と言われますけど、これを一言で訳すと「和」になると思います。

「和」の精神、それをですね、「和」っていうのは素晴らしい概念で、グローバルスタンダードなんか遥かに超えているという、人と人とが「和」していく、それだけではなくて動物とも「和」していく、大自然とも「和」していく、この強い力には強い反作用がかかりますけど、それを和らぎの力で受け止めて、そして「和」していこう、これが日本のですね国づくりの一番最初の哲学だと思うんですよね。

そういうものをですね「one for all , all for one」 の精神を、日本発で世界に発信したいなと、このアジア、東洋で行われる初めてのワールドカップです。

はい、このワールドカップをね、ぜひみんなで盛り上げたいなと、神戸開催、ぜひみんなで盛り上げたいなと思いますので、宜しくお願い致します。

 

大畑大介氏メッセージ

ラグビーワールドカップ2019アンバサダー大畑大介です。2019年ラグビーワールドカップが日本にやってきます。日本全国、12会場の1つに神戸が決まりました。
ワールドカップの思い出、それは、1999年ウェールズ大会で、ウェールズと対戦した朝に窓をあけて外を見た瞬間、街が真っ赤に染まっている。
その映像を目の当たりにした時に、ワールドカップとは、街や国、そして人々の心を大きく動かすものだという事を感じました。
そして、その一部に自分自身が成れた事、本当に自分にとっての、大きな財産になりました。
そのような大きな大きなワールドカップスポーツイベントが、日本神戸にやってきます。皆さん、ワールドカップの一部になりましょう。よろしくお願いします。

 

村上晃一氏メッセージ

ラグビージャーナリストの村上晃一です。

神戸といえば僕が思い出すのは、30年前大阪体育大学の学生だった頃に、関西7人制大会ですね、磯上公園のグランドで、走り回っていたのを覚えています。

2年連続で出て、僕らの中では、関西セブンズ2キャップとか言ってましたけど、その後、神戸では神戸製鋼がV7を達成するんですけど、僕は神戸製鋼のファンで、林さんとか大八木さんとか平尾さんとか、ああいった選手達に憧れて育ちましたので、神戸製鋼V7のときも、途中から取材者の立場にはなりましたが、応援していました。

 

そして今、神戸製鋼にはたくさんの海外から選手が来ています。

ニュージランド代表、オーストラリア代表も来た、そして南アフリカ代表もいますね。

こういった選手達が世界に神戸というのは凄く住みやすい街だと、ずっと居たいといったような事を発信しているので、これからもたくさんの海外の選手が来るんじゃないかなと思います。

そういった場所で、世界最高のラグビーの大会である、ラグビーワールドカップが行われるというのは、僕にとっても嬉しい事だなと思っています。

 

ワールドカップは、昨年2015年の大会に僕も行きましたけれども、日本代表が南アフリカ代表に勝ったという事で、世界中の人々に勇気を与えました。

元イングランド代表の監督のクライブ・ウッドワードさんは、もう引退しているんですけども、もう一回コーチをやりたくなったよと、それぐらいエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチが、うまく日本代表をつくって、そして、あの大きな南アフリカに勝ったという事で、そういった意味でも凄く世界に影響を与えた大会だったと思いますし、ラグビーの素晴らしさを僕は凄く感じてきました。

お客さん達も凄くあたたかくて、勝っても負けても選手達に拍手する。そして選手たちもお客さんに優しかったですね。

 

決勝戦の後の、オールブラックスのウイニングランの時に、ソニー・ビル・ウイリアムスっていう選手が、警備員の静止を振り切って飛び出してきた子供にメダルをプレゼントしたというのがあったんですね。これは警備員が、その少年を止める為に、ちょっとタックルしたみたいになってしまって、こけたので、それをソニー・ビル・ウイリアムスが助け起こして家族の元まで連れていってメダルをあげた。この夜の思い出が最高のものになればいいね、と言って少年を家族の元に返したというのがありました。

そういう振る舞いも素晴らしかったと思います。

 

ラグビーワールドカップというのは、ただ観るだけで楽しむんじゃなくて、参加するものですので、ボランティアでもいいし、会場に行って前後でビールを飲んで皆と交流するのもいいし、そうやって皆さんも一緒になって参加して、世界最高の大会を楽しんでもらいたいと思っています。