POSTED ON2019/02/06
大規模国際イベントでのテロ等にそなえて
ツイートする

2月17日(日)に、平成30年度「兵庫県国民保護共同訓練」が実施されます。
今年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019?の試合当日を想定し、試合会場である神戸市御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)を使った大規模な訓練です。
 
訓練では、スタジアムで何者かが化学剤を散布し多数の負傷者がでており、さらに最寄駅である地下鉄御崎公園駅には爆発物が仕掛けられるという想定のもと、神戸市消防局や兵庫県警、自衛隊などの関係機関による観客の救出・救助、避難誘導や、爆発物の処理、医療チームによる負傷者の救護などの訓練が行われます。私たちラグビーワールドカップ担当も、観客の避難誘導役として参加します。
 
先月末には、訓練での円滑な動きをシミュレーションするリハーサルが行われ、制服や防護服を着た消防隊員・警察官・自衛官などが、本番さながらの真剣な表情で、細かい流れのチェックを行っていました。
ラグビーワールドカップ神戸開催に向けて、安全で円滑に大会が行われるよう、神戸をあげてしっかりと準備していきます。
皆様も、ぜひご観覧ください。
 
詳細はこちらをご確認ください。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2019/02/20190204020002.html