ラグビーワールドカップ2019神戸開催を成功させよう!Let's make a success of Rugby World Cup 2019 in Kobe!
会場紹介会場紹介

【神戸市御崎公園球技場】
阪神・淡路大震災発生から1年後の1996年に、サッカーのワールドカップ2002の神戸開催が決定した後、スタジアムの建設が決まり、2002年大会の直前にオープンしました。
2002年ワールドカップ開催時は、仮設スタンドも含め42,000人のスタジアムとして、合計3試合が行われました。
2002 FIFAワールドカップの開催で世界中の人々が観戦のため神戸を訪れ、白熱した試合の模様は世界中で放映されました。
その後、2003年に開閉式の屋根を設置し、観客席も30,000人規模のスタジアムとなり、現在はJリーグやラグビートップリーグの試合を開催していますが、サッカーやラグビーの国際試合も多数開催しています。
2014年11月にこのスタジアムで行われたラグビー日本代表とマオリオールブラックスの試合は、ラグビー日本代表戦の実数発表を始めて以降で最多の観客数21,234人が訪れ、神戸開催に向けた大きな弾みになりました。
2015年3月に開催都市に選ばれ、サッカーワールドカップ2002に続き、ラグビーでも神戸がクローズアップされます。
世界三大スポーツイベントのラグビーワールドカップ2019神戸開催で、スタジアムに新たな歴史が刻まれます。
【住所】
〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番地の2

【電話番号】
078-652-5656

 

地下鉄海岸線 御崎公園駅から徒歩5分

地下鉄海岸線 和田岬駅から徒歩6分

※ JR和田岬線はありますが運行本数が限られています。

※ 地下鉄海岸線へは、JR三ノ宮駅、JR神戸駅、JR新長田駅での乗り替えが便利です。